天使幼稚園とは? ~ 天使幼稚園の保育に対する考えをご紹介します ~

園長挨拶

幼稚園の子どもたちが働き盛りとなる50年後、人工知能(AI)により、これまで人間にしかできないと思われていた仕事が、コンピュータやロボットが代用できるようになり、子どもたちの65%は、今は存在しない職業に就くと予測されています。今後10-20年で、現在の職業の約47%が自動化できるという試算もあります。子どもたちはそのときの社会でどうやって生きていくのでしょうか。そのマニュアルはありません。だから、子どもたち自身が考えるしかないのです。 保育者はそれを強く意識して、「子どもたちが自分で考えて生きていくための基盤」を育てることが大事なのです。「ああしなさい」「こうしなさい」という保育者の指示が多いと「自分で考える力」は育ちません。指示されたことを正確に行うという能力は、人間よりもコンピュータやロボットのほうが優れています。それでは、20-50年後の社会で子どもたちは対応することができません。

「子どもたちが自分で考えて生きていくための基盤」は「非認知能力」だといわれています。認知能力とは、学力や知能指数など数値化できる能力、非認知能力とは、自立心や社会との関わり、思いやり、協調性、あきらめずにやり抜く力など、数値化できない力です。

日本の幼児教育で昔からいわれてきましたが、こうした考え方が大きくクローズアップされてきた背景には、米シカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授を中心とした経済学者や心理学者が、非認知能力と将来その子が社会的に成功したかという因果関係を、子どもたちの追跡調査から明らかにしたことにあります。

この調査は、同じような家庭環境の子どもたちを対象にしたもので、質の高い幼児教育を受けた子どもたちのほうが、そうでないグループよりもよい仕事に就き、生涯賃金も大きく上回るという結果が出たのです。
この質の高い教育とは非認知的な教育であり、知能指数の高低はあまり関係ないこともわかりました。しかも、非認知的な教育を、小学校以降の子どもたちに施しても、効果が薄かったのです。つまり、人の一生の中でも幼稚園の子どもたちへの教育が、その子の人生を豊かにするうえでとても大切なことがわかってきました。

例えば、子どもが園庭で遊んでいます。保育者はそれをボーと眺めているだけではダメです。大事なのは「遊びがスタートする」「遊びが継続する」中で「どんな気持ちで遊んでいましたか」。「どんな工夫をしましたか」。10人居れば10人の遊びがあります。それを「どのように子どもが自分で考えて遊んでいましたか」を保育者として見取り、「ここが成長しました」「これも学びました」と具体的に説明するのが保育者の役割です。これが20-50年後、「子どもたちが自分で考えて生きていくための基盤」となるのです。

本園は、保育者の年齢が20-60代までと幅が広く、各クラスに担任、補助の保育者がいて、複数の保育者で子どもたちを見ています。そのため、園児の数に対して保育者の数が多く、保育者の目が行き届いています。また、担任だけでなく、補助や預かり保育にも勤続年数がある保育者を配置しています。なぜなら、「子どもたちが自分で考えて生きていくための基盤」を育てるためには、子ども一人ひとりの興味や意欲を見取り、適切な環境を提供することのできる、経験の深い力のある保育者が欠かせないからです。

目標とする子どもの姿

教育方針(園運営の三本柱)とは、「本園は、どんな方針で、子どもを育てたいのですか?」ということです。

(1)遊びを通しての生活の学び
子どもたちが主体的に自分で考えて遊びを生み出したくなるよう、心を動かして取り組みたくなる環境の構成やそのための保育者の援助を大切にし、小学校以降の生活と学習の基盤を育てます。
(2)祈りを通しての心の学び
カトリックの教えに基づき、祈りを大切にし、感謝の心、思いやりの心をもつ子どもを育てます。
(3)家庭や地域との連携・小学校との接続
子どもの生活の連続性を踏まえ家庭及び地域社会と連続した生活が展開されるように配慮します。その際、家庭や地域の機関及び団体の協力を得て、地域の自然、人材、施設などを活用し、保育内容の充実を図ります。
幼稚園と小学校との円滑な接続のため、卒園後、同じ小学校へ通う予定の本園の子どもたちと保育所の子どもたちとの交流の機会、本園の子どもたちと小学校児童との交流の機会、意見交換会や合同の研修会などの教職員間の交流、卒園する子どもたちについての情報共有や相互理解など、積極的な連携を図ります。

教育方針(園運営の三本柱)

教育方針(園運営の三本柱)から教育課程「本園はどのような子どもを育てたいのですか?」を編成することができます。

「本園はどのような子どもを育てたいのですか?」
→それを子どもの視点から「本園に入園して何を学ぶのですか?」を書いたのが「目標とする子どもの姿」です。

  1. 祈りを大切にし、感謝の心、思いやりの心をもつ子ども。
  2. 丈夫で自分から運動しようとする子ども。
  3. 元気に仲良く友だちと遊ぶ子ども。
  4. 自分のことは自分でする子ども。
  5. 身近な人(家族・保育者・友だち)との関わりを大切にし、一緒に心と力を合わせることができる子ども。
  6. 様々なことに興味をもつ子ども。
  7. 人の話をよく聞き、感じたことや考えたことを伝えることができる子ども。

※本園では、保育参観や個人面談などの際に、普段の遊びの広がりによって、「目標とする子どもの姿」が育っている様子を保護者の皆様に発信しています。

特色

「いのりのじかん」と「あそびのじかん」
教育方針(園運営三本柱)を園生活の一日の流れで実現するために、「いのりのじかん」と「せいかつのじかん」を設けています。「せいかつのじかん」には、「あそびのじかん(自由遊び)」と「みんなのじかん(一斉保育)」があります。「みんなのじかん」は「あそびのじかん」を充実させるために行います。

 

静と動
遊びを通して生活を学び、祈りを通して心を学びます。
静……毎日、心を静かにして祈りや神さまの話を聞く時間をもちます。
動……毎日、子どもたちが自分で考えて楽しく元気に遊びます。
聞く時は聞く、遊ぶ時は遊ぶ、メリハリがある保育を行います。
基本的な生活習慣
夜9時までに寝ましたか? 朝ごはんを食べましたか? ハンカチ、ちり紙を持っていますか? 朝、トイレにいきましたか? できたお友だちは手をあげてください。子どもたちは全員「ハーイ」と手をあげます。

 

行事や活動
行事や活動は、子どもが主体的に取り組めるかという観点から精選しています。行事をみっちりと練習して疲れきるのではなく、あくまでも行事は通過点として、次の遊びにつなげることも意識しています。

 

心の教育
祈りや毎朝の神さまの話、クリスマス会やおにぎり募金などの行事を通して、世界の人々に目を向け、感謝の心や思いやりの心を育てます。

 

食育
種をまき、植物が育っていく過程を観察し、収穫し、食します。端午の節句には柏餅、七夕の節句にはそうめん、重陽の節句には栗ごはん、桃の節句にはちらしずしを食べ、誕生会には赤飯を配ります。季節のもの、日本の伝統を大切にしています。

子ども・子育て支援教室
子ども・子育て支援教室「バンビ(2歳児クラス お子さまのみ)」「こひつじ(2歳児クラス 親子同伴)」「こうさぎ(0-1歳児クラス 親子同伴)」を行っています。この教室の子どもたちはいろいろな機会を通して在園児と交わっています。子ども・子育て支援教室に関心のある方は本園までご連絡ください。

 

預かり保育(サポート保育)
朝7時30分-夕方6時30分まで預かり保育(横浜市型)をしています。夏・冬・春休みも預かり保育をしています。預かり保育(横浜市型)は2019年10月より無償化となる予定です。
これとは別に預かり保育も上記の時間帯にしています。こちらは不定期で、時間によって一日の利用料金が変わります。

天使幼稚園の先生たちの魅力を保護者の皆様に聞いてみました

保育者の目が行き届いています
園長挨拶で述べましたように、園児の数に対して先生たちの数が多く、保育者の目が行き届いています。また、補助担当、預かり保育担当も経験豊富、本園の元担任や母親経験のある先生たちを配置しています。
チームワークが良い
保護者の皆様の声に「チームワークが良い」とありました。また、「先生一人ひとりに個性があり、お互いに補い合っている」という声もありました。
常に感謝の心を持っています。
毎朝、子どもたちと一緒に感謝の心をもって祈っています。だから、先生たち同士が感謝の言葉を言い合います。
元気・明るい・笑顔・素直・フットワークが軽い・パワーに溢れている
素直、プラス発想、勉強好き、これが天使幼稚園の先生たちのモットーです。新年度(4月)には「個人目標設定シート」を作成し、常に自己研鑽に励んでいます。
いつも話し合っています
子ども一人ひとりを天使幼稚園の先生たち全員で育てます。そのため、先生たち全員が同じ目標を持ち、問題があれば先生たち全員で共有し話し合っています。
また、保育者としての資質を向上させるため、園内研修を頻繁に行い、園外研修には積極的に参加しています。

制服

夏服(女子)

スカート/ブラウス/帽子/体操服

 

夏服(男子)

指定のズボン/ブラウス/帽子/体操服

冬服(男子・女子共通)

冬はスモック(スモックの下は自由)

園の情報

保育時間 週5日制 午前9時~午後2時 水曜日は月に1回午前保育です。
※事情によっては土曜日登園することもあります。
※季節、年齢などにより変更することがあります。
通園 ご家庭で送り迎えして下さい。通園バスはありません。
昼食 月・水・金曜日は給食、火・木曜日は手作りお弁当持参です。
課外教室 1.体操教室 2.こひつじ教室(親子教室)3.英語教室
預かり保育 最長 朝7:30~夕方18:30まで預かり保育をしています。
預かり保育(オリーブ)の他
横浜市型預かり保育(クローバー)も充実しています。

アクセスマップ

住所 〒236-0015 神奈川県横浜市金沢区金沢町48
TEL 045-701-9597
FAX 045-701-9595
E-mail tenshiyouchien@tree.odn.ne.jp
contact@seitoma-tenshi.ed.jp
電車 京急線 金沢文庫 徒歩5分
バス 京急バス 金沢文庫 徒歩3分
  • 天使幼稚園とは?
  • 天使幼稚園に来てみませんか
  • きょうも楽しい幼稚園!!
  • 園だより
  • お問い合わせ